FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

・*・

3月6日(日)

最近とにかく酸っぱいものが食べたい。お酢とか梅干しとか、ましてや淹れてから何時間も経った酸化したコーヒーとかではなく、正確に言うと柑橘系風酸っぱい。レモン、最高。グレープフルーツ、至高。シークワーサー、究極。しかしこれまた正確に言うと、それ味の何か。飴であったり飲み物であったり、またはアイスクリームであったりと。本物は皮とか面倒くさいのでちょっと。もちろん駒鳥はれっきとした、そりゃ見事なおっさんであり、そういうことはないはずなんですが、とにかくレモン味の飴玉を始終ボリボリやってるのです。で、通りすがりの自販機にほっとレモンがあることを確認して「よしよし。ここならいざ酸っぱいもの切らせても補給できるぞ」とニンマリしたり、電車乗る前にキオスクで酸っぱい系のグミ買って、降りる頃には食べ尽くしたりしてます。原因は不明。やめられない止まらないとは正に。地球をオレンジに例えると、所詮人間の活動している範囲内なんて、たった皮の部分にしか過ぎないよ、なんて哲学的なことのひとつでも言えりゃいいのですが、そんなこともなく。云々。

ブログネタに困ったので、食べ物の話はウケがいいと聞き、人生初めてのグルメネタに挑戦するも、結局こんな感じになってしまった、駒鳥でした。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

2011-03-06 : 業務日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

駒鳥のささやき

駒鳥文庫公式twitterアカウントです。お気軽にフォロー下さい。

@komadoribooks < > Reload

検索フォーム

プロフィール

駒鳥文庫店主

Author:駒鳥文庫店主
天満橋の片隅で、駒鳥文庫という映画関連専門の古書店を営んでおります。ちなみにネコを飼っているのですが、名前は『店長』といいます。読みはそのまま『てんちょう』です。なので店主は平社員なのです。古本と、映画と、たまに猫。とりあえずそんな感じで日々を綴っていますのでよろしくお願いします。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。