スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ロイアルでもなくロワイヤルでもなく、ロイヤル。

4月28日(木)

今日は注文していたあるものが到着しました。

ロイヤル金物

とりあえず次のイベントまでにちょっと壁際の棚板を増やそうと、ロイヤルのブラケットを購入したのです。これに古材の板を取り付け壁の棚受のレールにはめ込むと、稼働式の棚の出来上がりって寸法です。因にロイヤルっていうのはメーカー名で、このロイヤル金物は店舗什器界ではものごっついメジャーな存在だそうです。とりあえずこのロイヤル、パッケージデザインとかが素晴らしすぎ。包み紙までかっこいいんですわ。これ絶対東大阪が本社の会社のもんやと思えません(失礼)。グッドデザイン賞、どこに目を付けとるのかと。そしてこのブラケットの質実剛健さ。ズッシリと重い鉄の塊感。カラーもこれ一色。これぞプロ用。その仕事の良さにホレボレしっぱなしです。そんなロイヤル金物見ていると、駒鳥文庫の古本屋としての理想の在り方はここにあるかも、とか考えたりしてしまいます。なんて。とりあえずこれで本を置くスペースが増えるのです。やったね。

最近のお昼ごはんはほぼ、ぶためん。駒鳥でした。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

2011-04-28 : 業務日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

駒鳥のささやき

駒鳥文庫公式twitterアカウントです。お気軽にフォロー下さい。

@komadoribooks < > Reload

検索フォーム

プロフィール

駒鳥文庫店主

Author:駒鳥文庫店主
天満橋の片隅で、駒鳥文庫という映画関連専門の古書店を営んでおります。ちなみにネコを飼っているのですが、名前は『店長』といいます。読みはそのまま『てんちょう』です。なので店主は平社員なのです。古本と、映画と、たまに猫。とりあえずそんな感じで日々を綴っていますのでよろしくお願いします。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。