スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

マドリコっていいます。

長らくご無沙汰しておりましたが、皆様お元気でしょうか?駒鳥です。建設映画上映会も無事終了したことだし、ブログ更新を再開しようかなと思っております。構いませんか?構いませんよね?

まずはイベントにご来場頂いたお客様及び関係者の皆様、本当に、本当に有り難うございました。

と、ホッと胸を撫で下ろすのも束の間。気がつけば7月も後半戦に差し掛かっているではありませんか。月並みで恐縮ですが、光陰矢の如しってやつです。先月は雑誌に掲載して頂いたりとで何とか凌げたのですが、正直今月はそのぶり返しかはたまた不景気か、とにかく困った困った駒鳥文庫。果たしてこの夏乗り越えられるのか、毎日夜も眠れません。

しかしここで手を拱いていても仕方がない。と、いうことでサボってへんねん、こう見えてごにょごにょ頑張ってねんって所を本日はアピールしたいと思います。古本屋も楽じゃないんでっせ。

とりあえずお気づきの方もいるかもしれませんが、駒鳥文庫のサイトがちょっぴりリニューアルしています。

駒鳥文庫サイトリニューアル

注目はやはりイラストでしょうか。このイラストは孤高のアニメーション作家で当店での個展も記憶に新しい青木香氏によるもの。因みのこの鳥(そう、鳥なんです)のキャラクター、名前は「マドリコ」と言いまして映画と古本をこよなく愛する、ちょっと変わった鳥という設定です。これからちょくちょく登場する予定です。それと右端にツイッターのフォローミータブもつけてみました。ツイッターアカウントは @komadoribooks です。まぁ、しょーもないことばっかり呟いてますが、よろしければフォローしてみたりなんかしちゃったりして。

あと、商品も今までのジャンルごとではなく、特集を組んで本を紹介するスタイルに変更しました。まず第一弾として「アニメーションへの招待」ということで、駒鳥オススメのアニメーションの本をご紹介させて頂いております。近日中に第二弾「市川雷蔵の世界」に続き、もどんどん追加していく予定ですのでこちらも乞うご期待です。

で、今回のプチリニューアルなのですが、サーバー移転に伴って、一部ブックマークやリンクがエラーになっている場合があるようです。その際は誠に申し訳ありませんが下記アドレスにて再ブックマークまたは再リンクをお願い致します。

http://komadori-books.jp/

どうですか、結構頑張ってるでしょう?え、たかがこれっぽっちて?いやいや、まだまだおますんやで。と、いうことで次回に続きます。


ガリガリ君の食べ過ぎで臨時休業を余儀なくされた、駒鳥でした。

スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

2011-07-19 : 業務日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

駒鳥のささやき

駒鳥文庫公式twitterアカウントです。お気軽にフォロー下さい。

@komadoribooks < > Reload

検索フォーム

プロフィール

駒鳥文庫店主

Author:駒鳥文庫店主
天満橋の片隅で、駒鳥文庫という映画関連専門の古書店を営んでおります。ちなみにネコを飼っているのですが、名前は『店長』といいます。読みはそのまま『てんちょう』です。なので店主は平社員なのです。古本と、映画と、たまに猫。とりあえずそんな感じで日々を綴っていますのでよろしくお願いします。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。