スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「キング・オブ・猫ムービー(完結編)」

こんにちは。最近家では毎日鍋、鍋、鍋。これじゃまるで相撲部屋。それでも、鍋、好き。駒鳥です。

スクリーンを横切った猫たち

スクリーンを横切った猫たち 千葉 豹一郎 ワイズ出版 初版 2002

さて「キング・オブ・猫ムービー」のラストはどうしよう。あれもこれもいいよなぁ……。1本に絞り込めないなぁ……と、いうことで。猫が出てきた映画ばかりを集めたという希有な1冊「スクリーンを横切った猫たち」をご紹介。こんな本があるなんて、愛猫家で映画好きの店主にはタマランデス。以前ご紹介した「ハリーとトント」は勿論の事、「エイリアン」や「ミツバチのささやき」に「燃えよドラゴン」等々、これでもかこれでもかと、とにかく猫の出演している映画を微に入り細にわたり紹介しています。しかもただ単に猫を紹介するだけではなく、「ハリーとトント」の脚本家に小津作品の影響があったのか気になり直接インタビューしてみたりと、映画好きにも楽しめる内容となっています。ただ残念なのが、基本的に外国映画がメインで、邦画は取り上げられていない事。こりゃ是非とも続編を出して欲しいものです。

この本片手に、あなたも是非猫ムービーの世界をご堪能下さい。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

2011-12-06 : 古書について : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

駒鳥のささやき

駒鳥文庫公式twitterアカウントです。お気軽にフォロー下さい。

@komadoribooks < > Reload

検索フォーム

プロフィール

駒鳥文庫店主

Author:駒鳥文庫店主
天満橋の片隅で、駒鳥文庫という映画関連専門の古書店を営んでおります。ちなみにネコを飼っているのですが、名前は『店長』といいます。読みはそのまま『てんちょう』です。なので店主は平社員なのです。古本と、映画と、たまに猫。とりあえずそんな感じで日々を綴っていますのでよろしくお願いします。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。