スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

旅立ちのときは突然やってくる。

こんにちは。実は西成古物組合員、駒鳥です。

ちょっと不謹慎かもしれないですが。今まで正直棚の隅で埃を被っていた様な、所謂売れ残りの本が、ある日突然売れっ子になるときがあります。いろいろと原因はあるのですが、そのうちのひとつが「訃報」。著名人が故人となると、その方についての報道が増え、今まで興味のなかった人々や思い出した方々が、その人の著書やその人について書かれた本を購入したくなる様です。まぁ、古本屋としては注文が増えるのであれなのですが、これを個人的には「故人からの最後の贈り物」と勝手に呼んでいます。

で、先日ある超大物の方がお亡くなりになりました。で、これまでお客さんにも紹介したり、某雑誌の取材時にオススメ本として掲載してもらったりにもかかわらず売れなかった本に、遂に旅立ちの時がやってまいりました。それがこの本。

人間の証し

人間の証し 金正日 同朋舎 2000

実はこの本は以前このブログにて紹介したことがあるので、詳しい事はこちらをご覧頂ければと。

本当に今年は大事件ばかり。うちもいろいろとありました。とりあえず、駒鳥文庫の明日はどっちだ。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の一冊
ジャンル : 本・雑誌

2011-12-20 : 古書について : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

駒鳥のささやき

駒鳥文庫公式twitterアカウントです。お気軽にフォロー下さい。

@komadoribooks < > Reload

検索フォーム

プロフィール

駒鳥文庫店主

Author:駒鳥文庫店主
天満橋の片隅で、駒鳥文庫という映画関連専門の古書店を営んでおります。ちなみにネコを飼っているのですが、名前は『店長』といいます。読みはそのまま『てんちょう』です。なので店主は平社員なのです。古本と、映画と、たまに猫。とりあえずそんな感じで日々を綴っていますのでよろしくお願いします。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。