スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

デコちゃん

こんにちは。冬眠したい、駒鳥です。

唐突ですが。生まれてこのかた、店主は所謂アイドルや女優の写真集というものを本屋で購入したことが殆どありません。

駒鳥の青春時代は「ヘアヌード写真集」が、それこそ社会現象の様に大流行した、今思うととんでもない時代でもありました。今はネットでこれでもかこれでもかと、逆に見たくない部分も丸見えですが、当時は一億総「黒い墨の部分にバターを塗ってでも、なんとかボカシの向こう側を覗き見たいねん」だったそんな時代。そこへ来てヘアヌード写真集というのは、まさに開けてはならないパンドラの箱がパックリオープン状態で、これぞ革命これぞ人類の進歩という感じで、世の中に旋風を巻き起こしたものでした。しかし、そんな時代にもかかわらず、その何かいかにもワザとらしいというか、仕事感が半端ないというか、何か白々しく感じてしまい、お盛んだった時代にも拘わらず、駒鳥は全く興味が持てませんでした。ってか、そういうのならエロ本の方が早いし。ところがある日、そんな反アイドル・女優写真集主義を掲げていたにもかかわらず、思わず写真集を買ってしまう程の女優に巡り会ってしまいました。

それが、高峰秀子。

別冊太陽 女優高峰秀子

別冊太陽 女優高峰秀子 平凡社 1999

高齢者向けの無料映画上映会で偶然みた映画に衝撃を受けました。「とてつもなく凄い演技の人がいる!!」ひとりの女性が若くして結婚するところから年老いた姿になるまで、たった2時間の間に本当に年をとってしまった!と、喜びも悲しみも幾年月を観て仰天してしまいました。それは見た目とかではなく、喋り方や仕草、その全てが本物に見えたのです。いやはや、あんときの驚き様と言ったら、あんた。

で、もっとこの女優の事が知りたいと、本屋に駆け込んでみたのですが、殆ど資料がない。そこから古本屋を巡って「高峰秀子」関連の資料を探し出し、それが高じて気がつけば映画専門の古本屋の店主になってしまっている始末。まぁ、それはさておき。その時に初めて買った写真集がこの「別冊太陽 女優高峰秀子」。厳密には写真集とは呼び難いですが、スチールが主でエッセイからフィルモグラフィから高峰秀子の全てが詰まった名著。その後「不滅のスター 高峰秀子のすべて」という、これはれっきとした写真集も手に入れ、名実共に写真集デヴューすることにと相成った訳です。

魅惑の高峰秀子の世界を是非。ということで本日の映画本はこれにて。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の一冊
ジャンル : 本・雑誌

2011-12-23 : 古書について : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

駒鳥のささやき

駒鳥文庫公式twitterアカウントです。お気軽にフォロー下さい。

@komadoribooks < > Reload

検索フォーム

プロフィール

駒鳥文庫店主

Author:駒鳥文庫店主
天満橋の片隅で、駒鳥文庫という映画関連専門の古書店を営んでおります。ちなみにネコを飼っているのですが、名前は『店長』といいます。読みはそのまま『てんちょう』です。なので店主は平社員なのです。古本と、映画と、たまに猫。とりあえずそんな感じで日々を綴っていますのでよろしくお願いします。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。