FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ジュージュージュージュー

こんにちは。嵐の前の静けさ、駒鳥です。

もしかしたら今このブログをご覧の方の中でお聴き頂いた方もいるかもしれませんが、FM802(80.2MHz)の「BEAT EXPO」内のミニコーナー『水曜EXPO映画部』にまたもや出演させて頂きました!今回はしかも駒鳥文庫からお送りするというまさかの展開で、うれしはずかしです。

で、今回お話しさせて頂いた映画は、そう、「劇場版じゃりン子チエ」。30代以降の方にとっては日常生活で気がつけば流れているような、まるで水か空気を得るかの如く自然と観ていた、「アニメ界の吉本新喜劇」的アニメの劇場版です。

とまぁ、そんなアニメだから、当然放送では語りたくても語り尽くせなかった事柄がいっぱい。

ということで、恒例(?)の『水曜EXPO映画部居残り練習』をお送りしたいとお思います。

さて前回の収録後、ちょっぴり企画会議的な感じで、ディレクターさんやDJの土井コマキさんにアシスタントさんなどなどと、FM802のスタジオで話をしていたのですが、とりあえず前回が4月で桜に因んだので、次も5月に因みましょう!ということに。

そこで放送が5月1日のゴールデンウィーク中なんで、お出かけ的な映画にしましょうかと言うことになり、お出かけといえば遊園地→遊園地が出てくる映画は何かありませんか?と言うので、おそるおそる

「そう言えばじゃりン子チエに遊園地出てきますけど……ドデスカ!?」

と小声で呟いてみたら、ディレクターさんの目がキランッ。

そう、関西人にとっては「アニメ界のたこ焼き」的アニメと言っても過言ではない「じゃりン子チエ」、みんなから次々に出てくる出てくるチエちゃん話。土井・駒鳥に比べてそれまでどちらかと言うと寡黙なディレクターさんも、急に堰を切ったかの様に語りだし、挙げ句近くにいた別の人まで巻き込んで、更に場はヒートアップ!自分だけが知っているチエちゃん豆知識やチエちゃんあるあるも飛び出し、気がつけば終電ギリギリとなってしまいました。ホーホケキョ。

そんな訳でとりあえず映画は「劇場版じゃりン子チエ」ですんなり決定。放送でも触れた様に店には当時のパンフレットもあったし、実家には小汚いながらも小鉄のぬいぐるみも残っていたので、これをネタに何とかなるかと言う感じで収録に臨んだ次第。



……というところで、思ってたよりも長文になってしまいましたので、もっと語りたかったチエちゃん話はまた明日次回に持ち越しということでひとつ。それもこれもチエのせいや(←マサル風に)。

kotetsu.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2013-05-01 : 映画について : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

駒鳥のささやき

駒鳥文庫公式twitterアカウントです。お気軽にフォロー下さい。

@komadoribooks < > Reload

検索フォーム

プロフィール

駒鳥文庫店主

Author:駒鳥文庫店主
天満橋の片隅で、駒鳥文庫という映画関連専門の古書店を営んでおります。ちなみにネコを飼っているのですが、名前は『店長』といいます。読みはそのまま『てんちょう』です。なので店主は平社員なのです。古本と、映画と、たまに猫。とりあえずそんな感じで日々を綴っていますのでよろしくお願いします。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。